企業理念とビジョン

持続可能な発展へのコミットメント

ビジョン | ミッション

私たちの仕事は、地球への配慮、すべての人々への繁栄、未来の世代に対する無限の遺産を可能にするための世代間の正義にコミットメントを持っています。この概念に裏打ちされています。

 

ビジョン

「持続可能な発展を可能にする安定した気候を持つ世界」

ミッション

「ビジネス、政府、およびコミュニティ団体における持続可能性実践の推進と気候に対する能力向上を通じ、すべての人々に対するゼロカーボン経済の実現」

私たちの価値観

持続可能性の原則への情熱:

私たちの仕事は、地球への配慮、すべての人々への繁栄、未来の世代に対する無限の遺産を可能にする世代間の正義へのコミットメントに裏打ちされています。

すべてのレベルでのプロフェッショナリズム:

誠実さ、エビデンスに基づいたアプローチ、高い基準、尊重を私たちの仕事のすべてで大切にしています。

私たちの誓い

プロのアドバイザリーサービスを提供する社会的ビジネスとして、CF Asiaは企業の社会的および環境的責任に関して自己パフォーマンスを持続的に向上させることをコミットしています。

CCA commits to a set of low carbon environmental policies in our office operations. We also measure and record our operational carbon footprint every year covering scopes 1, 2 and 3 based on ISO 14064 and fully offset the emissions to make our office carbon neutral.

20161月、CCAは社会へのケアの誓いに署名しました。この誓いは、国際連合グローバルコンパクト(UNGC)および国際連合責任投資原則(UNPRI)の背後にある原則から派生した、ビジネスにコミットメントを持つ企業を認識するスキームです。

2015年12月、CCAは気候変動に関するパリ協定を支持するため、世界中から数百の非国家主体が集まるアピール「The Paris Pledge for Actionに参加した。パリ行動誓約は、ケンブリッジ大学サステナビリティ・リーダーシップ研究所が運営するCOP21フランス議長国のイニシアチブです。CCAはパリ行動誓約に署名し、気温上昇が2度未満に制限される安全で安定した気候を支援することを約束する。

カーボンケアイノラボ

2014年に設立されたカーボンケアイノラボ(CCIL)はCF Asia の姉妹組織で、香港を拠点とする登録チャリティです。CCILは、地元のニーズに関連し、世界的な課題の解決に貢献する気候革新を奨励することを目指しています。これには気候正義、炭素削減、資源保全、適応とレジリエンス構築を支援するアクションが含まれます。

コミュニティを対象とするNGOとして、CCILは気候革新、教育、およびアクションに活発に関与する人々のサークルをサポートすることに専念し、若者と学生に特に焦点を当てています。これは、ステークホルダーを巻き込む多面的なアプローチと解決志向のプロセス、コミュニティ全体での認識向上を通じて実現されることを目指しています。

プロフェッショナルチーム

CF Asia のコンサルティングチームは、エンジニアリング、環境科学と管理、政策提唱、コミュニティサービス、マーケティングとコミュニケーションなど、多様なバックグラウンドを持つプロフェッショナルが参加しています。環境と学術の専門家から構成されるアドバイザリーネットワークは、クライアントのニーズに合わせたプロフェッショナルで最新のアドバイスを提供し、彼らの財務と持続可能性の目標の両方を達成できるようにCFアジアチームと緊密に協力しています。

私たちは解決策を見つけます

多様性を持ちながら、私たちのコンサルタントとアドバイザーは共通の情熱を共有しており、気候変動の影響を軽減し、社会のあらゆるレベルでの持続可能な発展を促進する解決策を見つけることです。CF Asia チームは、戦略的なアドバイスと革新的な解決策がクライアントの特定のニーズと状況にユニークにカスタマイズされていることを確認するために、クライアントと緊密に連携しています。