プレスリリース&記事

2024年03月04日

Climate Finance AsiaがCEOとしてAlan To氏を任命し、次の戦略的成長をリードする

香港 – Climate Finance Asia(以前はカーボンケアアジアとして知られていました)は、アラン・トー氏を経営最高責任者(CEO)として任命することをお知らせします。アラン氏は、S&P Global、ERM、ロイズ・レジスター、そしてバイエルなどの様々なグローバル企業で、数十年にわたりグローバルおよび地域の持続可能性およびESG戦略的マーケティングを率いてきました。彼は、持続可能な実践の推進とビジネス、政府、およびコミュニティ組織における気候適応力の向上を通じて、全ての人々のためのゼロカーボン経済を実現するため、Climate Finance Asiaを率います。 「トー氏の指導のもと、Climate Finance Asiaは地域での影響力を拡大することを楽しみにしています。組織は、安定した気候により持続可能な発展を可能にし、すべての人々のための世界を形作るために、パートナーや利害関係者と協力することを約束します。」とClimate Finance Asiaの会長であるウォーター・チョウ氏は述べました。 「さらに、アラン氏は香港で2つの企業を共同設立し、そのうちの1つは持続可能なウェルビーイングを育むために自然の必須要素をもたらすことを目指しています。彼は地元コミュニティに奉仕する強い情熱を持ち、香港スピリット・オブ・アワード2020にノミネートされました。彼の多大な業績と社会の持続可能な発展へのコミットメントは、組織を次の戦略的成長と影響力の段階に導く理想的な才能に彼を位置付けます。」とClimate Finance Asiaの共同設立者であり取締役のチョン・チャン・ヤウ氏は語った。 「私は、Climate Finance Asiaに参加できることを光栄に思います。香港を拠点とするアジアの持続可能なファイナンス企業は、強力な影響力を持っています。」とアラン・トー氏は述べました。「私は、地球へのケア、すべての人々への繁栄、および未来の世代に無傷の遺産を可能にするための世代間の正義という当社の価値観に従って、経験豊富な業界専門家と学者からなるチームと協力して、私たちの使命に貢献できることを楽しみにしています。」

詳細情報

並べ替え
もっと読む